Der Kongreß tanzt—Erich Karl Löwenberg

會議は踊る

f:id:pgspecial:20090503124045j:plain

クリステル(リリアン・ハーヴェイ)は、ウィーン会議のために訪れた各国首脳に花束を投げ、自分の勤める手袋屋の宣伝していた。ある日ロシア皇帝(ヴィリー・フリッチ)めがけて投げた花束が爆弾と間違えられ、クリスタルは捕らえられてしまう・・・

この世に産まれてただ一度 このすばらしき まさに夢・・・

ミュージカルとはまたひと味違う、陽気な音楽映画。お話もウィーン会議(歴史)への風刺のなかに、プリティーウーマンやシンデレラのような夢物語が描かれる。とにもかくも美しすぎる撮影にため息。馬車でお城に向かう移動撮影は、今やろうと思っても難しい最高のシーン! 推測だけど、ラ・ラ・ランドの監督デイミアン・チャゼルは音楽も撮影も意識しているはず。会議の決議の時、椅子が揺れる(その理由は見てほしい)、こういうカットを見られるから、映画はやめられない…。


1931年公開、ドイツ、監督エリック・シャレル)